消えないニキビが一転!ミノマイシンの登場で綺麗な肌

MENU

ニキビ治療にも使用される抗生物質

人のからだの中に細菌あるいはウィルスなどが侵入することで、感染症を引き起こす可能性があります。
時には、からだの中や皮膚の表面などに住み着いている"常在菌"とされるものが、「ストレス」や「体調の変化」などによって病気を発症させることもあります。
例えば、人の皮膚に住んでいる「ニキビ」などが身近な代表例になります。
今回のお話は、こうした感染症やニキビなどの治療薬として活用できる抗生物質「ミノマイシン」についての解説です。

【ミノマイシンとは】
"テトラサイクリン系"と呼ばれている抗生物質の1つです。
この系統の特徴は、
・同系統の中では作用が強い
・耐性菌などに対しても一定の効果が期待できる
・皮膚科ではニキビ菌を殺菌するために使用される
などとなっています。
また正式に認められている訳ではありませんが、「リウマチ」の治療に応用して使用されることもあるそうです。

【作用】
ミノマイシンは、「タンパク質合成阻害剤」に分類されます。
成分である「ミノサイクリン塩酸塩」が菌の細胞内に取り込まれることで、増殖のために必要なタンパク質の合成を阻害してしまうことで"抗菌作用"を発揮します。
なので増殖に必要な機能が断たれることで、菌の成長を阻止する効果が得られます。
また飲み薬では治療が難しかった「マイコプラズマ」や「クラミジア」などの細胞壁を持たない"非定型菌"にも有効性を発揮します。

【副作用】
人によっては、
・胃の不快感
・吐き気を催す
などの胃腸症状現れることがあります。
また割と見られるのが「頭痛」や「めまい」です。
長期的な服用となると、特に高齢者は手足にアザのような色素沈着を起こしてしまうことがあります。
また小学生以下の子供が服用している場合には、歯が黄色くなってしまったり、歯の成長に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。
からだの小さな子どもでも服用できる抗生物質になっているので安全性は高いとされていますが、先ほどの症状が見られるようであれば病院へ。

ニキビ治療ならミノマイシンがオススメです。